博物館

慶南道立美術館

Gyeongnam Art Museum Photo
  • 住所‰€ : 昌原市義昌区中央大路300(士林洞)
  • 経済成長にふさわしき320万人の道民たちの美術文化享有欲求に応えて、文化道民としての誇りの高揚と文化発展に寄与できるよう21世紀文化の時代を切り開く地域文化発展の象徴事業として建設されました。

昌原市立馬山博物館

Changwon City Museum Photo
  • 住所‰€ : 昌原市馬山合浦区文信道105(騶山洞)
  • 馬山地域の特性を生かして急激な現代化、都市化の波の中で消えゆく伝統文化遺産を収集・保存・展示しようと馬山市(現.昌原市)開港100周年記念事業として建設されました。展示室は常設展示室と企画展示室、野外展示場で構成されていて、4つの空間から成る常設展示室はに、テーマごとに馬山の歴史と文化をひと目で見られるよう各種展示物が演出されています。

文信美術館

Moonshin Art Museum Photo
  • 住所 : 昌原市馬山合浦区文信道147(騶山洞)
  • 文信美術館は、1980年フランスから20余年ぶりに帰国した「文信」先生が馬山市(現.昌原市)騶山洞51-1番地一円の2千3百坪余りの丘に生涯の情熱を注ぎ、「文信芸術50年」を迎えた1994年に開館された美術館です。「文信」先生がこの世を去った後は、夫人の崔星淑女史が一点の乱れなく管理してきましたが「愛する故郷馬山に美術館を捧げたい」という先生の生前の意思を尊び、2003年6月に馬山市に寄贈されました。文信美術館は、彼が彫刻作品の素材として主に使用した丈夫な黒檀や鉄木を削って整えて刻みゆくごとく、15年という長い歳月を通じて建設されました。建設中にも「文信」先生は、10回余りの国際的な展示会に招待作家として出品し、また数回にわたって開かれた回顧展を経ながら国際的な名声をより高めていきました。

国立晋州博物館

Jinju National Museum Photo
  • 住所 : 晋州市南江路626-35(南城洞)(晋州城内)
  • 1984年に六番目の国立博物館として、史跡第118号に指定されていた晋州城内に開館しました。開館当時は伽倻文化を中心とした博物館でしたが、後に壬辰倭乱(文禄・慶長の役)の三大大勝地である晋州城が持つ歴史的意味を浮上させるため、壬辰倭乱(文禄・慶長の役)をテーマにした歴史博物館として1998年に再開館しました。本館の建物は韓国の伝統木造塔を石造建物に形象化して造られていて、建築家金壽根先生の代表的作品となっています。常設展示室と企画展示室が備わっています。

鎮海市立博物館

Jinhae Municipal Museum Photo
  • 住所‰€ : 昌原市鎮海区帝皇山洞山28-6(鎮海塔1~2階)
  • 1998年10月31日に開館した鎮海市立博物館は、帝皇山公園内の鎮海塔1、2階に展示室、事務室、視聴覚室、遺物倉庫、展望塔などの施設を備えています。展示室には鎮海市(現.昌原市)の沿革、新石器、青銅器、三韓・三国時代の遺物、朝鮮時代の陶窯跡の模型、鎮海の魚とりの模型、駕洛国首露王と王妃の模型、亀甲船の模型、熊川邑城の模型などがあり、鎮海の遺跡に関する映像も保有しています。また、鎮海市全体を縮小した模型と合わせて鎮海の歴史年代と時代別モニターの確認が可能です。このように鎮海の昨今をひと目で知ることが出来るため多くの観光客が訪れています。文化財などを展示した市立博物館で鎮海の文化遺物を鑑賞できるほか、公園の東側には動物園や広場があります。

国立金海博物館

Gimhae National Museum Photo
  • 住所 : 金海市伽耶の道190(亀山洞)
  • 1998年7月29日、国立金海博物館は古代国家の一つである伽耶(加耶)の文化遺産を集大成するために開館されました。伽耶の建国説話が宿る金海市亀旨峰の麓に位置する国立金海博物館には、伽耶の文化財が集約・展示されているほか、釜山・慶南地域の先史時代の文化や伽耶の成長基盤となった弁韓の文化遺産が展示されています。伽耶の歴史は他の古代国家と比べて歴史記録があまり残っていません。そのため、伽耶の実体はそのほとんどを発掘調査などの考古学的方法で発見された、古代人が残した遺跡と遺物を通じて復元しなければなりません。そのような点において、国立金海博物館は他の国立博物館とは違った考古学中心の専門博物館として特性化されています。

大成洞古墳博物館

Daeseongdong Tomb Museum Photo
  • 住所‰€ : 金海市伽耶の道126(大成洞)
  • 大成洞古墳群から4回の発掘調査を経て出土された資料を展示して紹介することで、歴史の中で遮られていた金官伽耶の実体だけでなく、この地が金官伽耶の中心地だということを認識させてくれる博物館です。博物館は、地上1階の展示室と地下1階の付属施設を備えています。地上1階にある3つの展示室は導入・概観・古墳・交流・文化の5つテーマの展示空間に区分されています。主な展示内容は、イェアン里古墳群出土人骨を土台にして復元した実物大の騎馬、武士像で、古代葬儀の姿を考察して実物大に復元した墓の模型と遺物の模型も展示されています。

金海天文台

Gimhae Astronomical Observatory Photo
  • 住所‰€ : 金海市伽耶テーマ道254(漁防洞)
  • 天文台の形が卵に似せて作られているのは紀元前に金海地域で形成された駕洛国の始祖である金首露王が卵から生まれたという言い伝えに由来しています。首露王の王妃である許黄玉はインドのアユタ国出身の王女であるが、先端航海装備がなかった当時、許皇后が船に乗って駕洛国にやってくる際に星を見ながら航海して来たということは容易に推測できることです。また、駕洛国の王子が進禮土城の最高峰に天文を見るための瞻星台(天文台)を築いたという歴史的な事実が言い伝えられていますが、今でもそこは星を見る所ということで「ビビ(星を見る)壇」だと伝えられています。

密陽市立博物館

Miryang City Museum Photo
  • 住所‰€ : 密陽市密陽大公園路100
  • 洛東江流域の文化を集大成して、効率的に保存・展示することはもちろん、郷土の史料の収集、調査、研究、整理などを通して歴史や文化芸術に対する考証などの中心的役割を遂行し、さらには市民に広く公開して文化をより楽しく味わえるようにしたり、社会教育に貢献していくために設立されました。

宜寧博物館

Uiryeong Museum Photo
  • 住所‰€ : 宣寧郡宜寧邑義兵路24キル31-1
  • 1993年4月21日に開館した宜寧博物館は、他地域の郷友をはじめとする全ての宜寧の人々の真心のこもった寄付によって建設されました。郡民文化会館内の地下1階と地上1階に位置しているこの博物館は、地域住民にとって優れた宣寧の歴史に対する自負心の鼓吹と生きた教育の場としての役割を受け持っています。さらに、対外的には地域文化の宣伝媒介体としての役割を行っている宣寧博物館は、考古歴史室と民俗展示室の2つの展示室で構成されていて、先史時代の遺物などの文化財も展示されています。

咸安博物館

Ham-an Museum Photo
  • 住所‰€ : 咸安郡伽耶邑道項里748番地
  • 咸安は古代安羅国(阿羅伽耶)の輝かしき歴史と文化の伝統が息づく地域で、咸安博物館には他の地域では見られない馬甲、車輪形土器、花火文様の高杯、文様のある蓋など伽耶時期の遺物中心に展示がなされています。

昌寧博物館

Changnyeong Museum Photo
  • 住所‰€ : 昌寧郡昌寧邑昌密路34
  • 火旺山の西方に位置する校洞古墳群に隣接していて、2つの展示室と視聴覚室などが備わっています。伽耶時代の遺物が総166種276点(土器類85点、馬具類42点、装身具類50点、武具類53点、その他46点)展示されていますが、そのほとんどが校洞古墳群と桂城古墳群から出土されたものです。また、展示館中央ホールには伽耶古墳の築造過程をひと目で見ることができる模型館(ジオラマ)が設置されていて、観覧客が伽耶時代の古墳文化に対する理解がしやすいようになっています。

固城恐竜博物館

Goseong Dinosaur Museum Photo
  • 住所‰€ : 固城郡下二面紫蘭湾路6181
  • 床足巖の秀麗な自然景観と世界3大恐竜足跡化石地である慶南固城のイメージを高めて、他とは違う観光地を造成することで自然生態観光需要に呼応してゆくという目的で、固城恐竜博物館を建設・運営しています。恐竜化石をより興味深く楽しめるようにオヴィラプトル(Oviraptor)とプロトケラトプス(Protoceratops)の珍品化石をはじめ、クラメリサウルス(Klamelisaurus)やモノロフォサウルス(Monolophosaurus)のようなアジア恐竜の他、世界の様々な恐竜が鑑賞できるようになっています。

固城タル(仮面)博物館

Goseong Mask Museum Photo
  • 住所‰€ : 固城郡固城邑栗垈2キル23
  • タル(仮面)専門博物館としてタルの意味をきちんと理解し、過去のご先祖様たちの人生の知恵である厄や変事を防ぐ方法、つまりこの土地で安全に生き残るために作られたタルを展示しています。また、災を防ぐ時に使う信仰タルや舞踊に使う芸能タルを習うことができるジャンスン(匠人)学校やタル学校を運営しています。タル博物館は展示館70坪、事務室15坪、収蔵庫および作業室120坪、遊びの広場70坪、ジャンスン(柱状の木の彫刻)野外展示館150坪の施設に全国各地のシンソンタル(顔に着用する前のタル)や無形文化財タルをはじめ、絵になった絵画タル、自然にできた自然タル、東洋思想のタルなど私たちのご先祖様の人生の中でタルが息づいている姿を発掘して展示しています。

居昌博物館

Geochang Museum Photo
  • 住所‰€ : 居昌郡居昌邑水南路2181
  • 居昌の歴史遺物をひと目で見回すことができる居昌博物館は、韓国式家屋構造の2階建ての建物で、2,600坪の敷地に1、2階の250坪の展示室と講堂および展示室を備えた120坪余りの別館、野外展示場で構成されています。博物館はこの地域の篤志家であるケリム農園代表の崔南植、ジェチャン医院の院長金泰淳の二人が生涯かけて収集した貴重な資料を当局に寄贈し、直接建設運動の先頭に立って1988.5.20に居昌遺物展示館として開館しました。所蔵されている遺物の数は1,200点余りで、重要所蔵品は大東輿地図(有形文化財第275号)、松林寺址石造如來坐像(有形文化財第311号)、鄭蘊先生の官服(重要民俗資料第218号)、李甫欽先生の実記冊版(有形文化財第248号)などの指定文化財や多数の重要資料が所蔵されています。居昌博物館は地域性を強く反映している博物館で、地域文化を理解するのに重要な文化空間として位置づけられています。

陜川博物館

Hapcheon Museum Photo
  • 住所‰€ : 陜川郡双冊面黄江玉田路1558
  • 陜川博物館は陜川の歴史に対する正しい知識を提供しようという目的で2004年12月に開館しました。31,241㎡の敷地に地下1階、地上2階の建物で延面積は2,933.54㎡です。展示は伽耶時代の多羅国の支配者の墓域として知られている玉田古墳群の遺物のうち史料的価値の高い龍鳳文環頭大刀や金製耳飾をはじめとする各種装身具、鉄器類、土器類など多羅国の歴史と文化を知ることができる遺物350点余りを常設展示しています。また、観覧客が理解しやすいように実物大に復元した伽耶時代の多羅国の支配者の墓や多羅国都城のミニチュアおよび多様な映像資料が取りそろえてあります。企画展示室には新石器、青銅器時代を経て今日まで受け継がれてきた陜川の悠久な歴史を伝える資料を展示しています。博物館の裏には27の大型古墳が密集していて、歴史の形跡を感じながらゆったりと休んで行くことができる公園のような空間があります。

최종수정일 : 2017-12-04

이 페이지에서 제공하는 정보에 대하여 만족하십니까?

博物館 메뉴로 이동 (QRCode 링크 URL: http://www.gyeongnam.go.kr/index.gyeong?menuCd=DOM_000002103002001000)
방문자 통계